東京で帰化申請するなら!行政書士アエラス法務事務所にお任せください!

帰化申請サポート【東京・千葉・埼玉・神奈川】

【対応地域】東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県

03-6657-8774

電話受付時間 : 平日10:00~20:00 土日祝日10:00~18:00

webでの相談のご予約なら24時間受付中。

お問い合わせはこちら

韓国籍の方の申請必要書類について

2008年1月1日より韓国の戸籍制度は廃止され、新しく家族関係登録簿制度が開始されました。

この新制度により、帰化申請に必要な書類(身分関係の証明書)も変更となりました。従来の戸籍に代わる書類(身分関係の証明書)は、以下のものです。

1.家族関係証明書 (本人、父母、配偶者、子の証明)
2.基本証明書 (本人の出生、死亡、改名等の証明)
3.婚姻関係証明書 (配偶者の基本事項や本人の婚姻・離婚の証明)
4.入養関係証明書 (養父母や養子の基本事項、養子縁組・離縁の証明)
5.親養子入養関係証明書 

従来の帰化申請の手続きでは、戸籍を提出すれば事足りていましたが、現在は上記のように複数の書類を提出しなければいけなくなりました。
基本的には、申請者本人の上記1~3の書類を、両親の上記1と3の書類を提出すれば良いのですが、母が韓国籍の場合、懐胎可能年齢から最後までの韓国の旧戸籍謄本(除籍謄本)の提出を求められます。
上記書類は、必ず日本語に翻訳する必要があります。
※父親の婚姻関係証明書に関しては、法務局によっては不要な場合があります。
いくら探しても韓国の旧戸籍謄本(除籍謄本)が見つからない場合は、韓国の役所に韓国語で直接手紙を送ります。韓国の役所で探しても見つからない場合は、「見つからないという旨」の回答書が届きます。それを日本語に翻訳(翻訳者明示)し法務局へ提出することになります。(これは戸籍がないことの証明といいます。)また、帰化申請する際に回答書と併せて韓国の役所に送った手紙の控え・書留伝票・返信封筒の提出を求められることもあるので、必ず保管しておくことをオススメします。
※韓国の旧戸籍謄本(除籍謄本)を領事館及び本国の役所から取寄せるには、本国の本籍(登録基準地)が必要となります。

無料相談のご予約好評受付中!
03-6657‐8774
今すぐ、お気軽にお電話ください。
あなたのお悩みをじっくり丁寧にお聞きいたします。
メールでのご予約・ご相談はこちらをクリック

アクセスMAP

当事務所は、神保町駅から徒歩約2分、九段下駅から徒歩3分になりますので、公共交通機関でお越しいただくと便利です。

なお、事務所の駐車場は完備しておりませんが、近隣にはコインパーキングが幾つかございます。
お車でお越しいただく際は、コインパーキングをご利用ください。

>>事務所概要はこちらをクリック

Return Top