東京で帰化申請するなら!行政書士アエラス法務事務所にお任せください!

帰化申請サポート【東京・千葉・埼玉・神奈川】

【対応地域】東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県

03-6657-8774

電話受付時間 : 平日10:00~20:00 土日祝日10:00~18:00

webでの相談のご予約なら24時間受付中。

お問い合わせはこちら

お子様のいる方は読んでください。家族同時に帰化申請するメリットについて

世帯が同じ(同居されている)ご家族が同時に帰化申請される場合は、同じ日に法務局へ行って一緒に申請をします。
世帯が別(別居されている場合)であっても、
法務局の管轄が同じでしたら親子・兄弟で、同じ日に一緒に帰化申請することができます。
家族で同時に帰化申請することのメリットは、共通する親の戸籍、
記載事項証明書が共有できますので、提出する原本書類が1部でOKであるという点です。
また、申請される側(法務局)も調査が1度ですむメリットがあります。
別居されているご家族で、お住まいが離れており、法務局の管轄が異なる場合は原則として同じ法務局に全員一緒に申請はできません。
しかし、親元を離れて生活をしている学生さんなど場合によっては同時に申請することも可能ですので、事前に法務局に相談する必要があります。
提出する法務局ごとに、戸籍や記載事項証明書の原本を提出することになりますが、
同じタイミングでの申請であれば、請求する戸籍等の書類を2セット請求すればいいだけの話ですので、
書類収集の手間が一度で済むというメリットがあります。
この場合は、親族の概要欄(交際状況等)の「申請」に○をつけて、申請日を記載します。
申請日が近い場合は、調査も一緒にできるというメリットがあります。
帰化申請をする際には、家族の中で帰化者がいる時は帰化の記載がある戸籍を提出するようにと言われます。
これは、家族の誰かが帰化をする際に、一度法務局による調査が行われたことを確認する意味合いもあると思います。
そういう意味では最初に帰化申請した方より、次に申請される方はいくぶん調査が省略されるのかもしれません。
よく、参考にされるのは兄弟姉妹の順位です。
両親の婚姻後に生まれたか、婚姻後に生まれたかで長男であると思っていても次男であることもありますから、
次に申請される兄弟が何番目になるのかは帰化が記載された戸籍は参考になります。
また、親の名前や本人の名前なども一度調査がされていますので、
名前として使用できる字なのか漢字表を出して調べなくてもいいというメリットがあります。
法務局は土日祝祭日と年末年始はお休みですので、平日しか申請を受けてもらえません。
ご家族の人数が多かったり、会社務めをされている方が何人かいるご家族の場合は、
全員揃ってなかなか休みにくいため、お盆休みご指定される方も大変多いです。
15歳以下のお子さんの場合は、法務局への出頭義務がないのですが、
15歳以上のお子さんの場合は、出頭して申請をする必要があります。
学生さんでしたら夏休み、春休み、冬休みの平日を利用されることが多いので、
早めに準備を進めていかれることをお勧めいたします。
ご不安の方は、お気軽に当事務所へご相談ください。

無料相談予約受付中

●受付時間 平日10:00~20:00(土日祝日、時間外のご相談は事前予約が必要です。)
●お申し込み方法  
お問い合わせフォームからのお申込み(24時間受付)
②お電話からのお申込み TEL03‐6657‐8774(受付時間 平日10:00~20:00)
●相談時間 60分まで
●場所    行政書士アエラス法務事務所
●持ち物  パスポート
●対応言語 日本語のみ
●参加資格 帰化申請予定の方(国籍は問いません)
●無料相談できる内容
①当事務所のサービス内容・料金について
②帰化申請手続きの流れについて
③帰化許可の可能性の診断
※既に申請済みの方のご相談は有料です。(30分5000円)

アクセスMAP

当事務所は、神保町駅から徒歩約2分、九段下駅から徒歩3分になりますので、公共交通機関でお越しいただくと便利です。

なお、事務所の駐車場は完備しておりませんが、近隣にはコインパーキングが幾つかございます。
お車でお越しいただく際は、コインパーキングをご利用ください。

>>事務所概要はこちらをクリック

Return Top