東京で帰化申請するなら!行政書士アエラス法務事務所にお任せください!

帰化申請サポート【東京・千葉・埼玉・神奈川】

【対応地域】東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県

03-6657-8774

電話受付時間 : 平日10:00~20:00 土日祝日10:00~18:00

webでの相談のご予約なら24時間受付中。

お問い合わせはこちら

住民票の取得の際は注意してください。

帰化申請をする際に提出する書類の1つに、「住民票」があります。
最近多いのが、実際に住んでいる住所と住民票に登録されている住所が違うという場合です。
例えば、大学に通うために親元から離れている人は、学生寮や下宿、ワンルームマンションに住んでいても住民票の住所は変えず実家のままということです。
帰化申請で重要なのは、実際住んでいる住所と住民票の住所は一致することです。
その際は、住民票を異動させることが必要となります。
また、住所が同じにも関わらず、世帯が分離されている家庭では、「同居者全員が記載された住民票」が求められます。
1人だけの世帯でも「世帯全員の住民票」と表示されます。
普通、これでいいのでは?と思われてしまいがちですが、帰化申請では世帯が別でも一緒に住んでいる人がいればその住んでいる方、それぞれの住民票が必要になります。
同じ住所でも、2世帯住宅など世帯があきらかに分離されている住宅以外は、生計が同じであると見なされてしまうのです。
なお、外国人の住民票は、氏名(通称名を含む)、生年月日、性別、国籍、在留資格、在留期間、在留期間の満了日、在留カードなどの番号(特別永住者番号を含む)の記載が必要です。
市町村役場で請求する際は注意してください。
また、帰化要件の1つである居住要件を確認するために、法定の住所期間内の居住歴(平成24年7月9日の新規住民登録時から現在までの居住歴が記載されたもの、住所移転している場合はそれぞれの住民票の除票が必要。)が必要です。
平成24年7月9日以降に住所を変更された方は、住民票の除票も必要になります。
さらに、帰化申請では「居宅付近の略図」という書類も必要になりますので、住民票上の住所で申請をしても実際に審査官が調査しに来た時に実際そこに住んでいないとなれば「虚偽の申請」とみなされてしまいますし、住民票上は1人暮らしとなっているのに、実は同棲中であった場合なども同様「虚偽の申請」とみなされてしまうこともありますので、心当たりがある方は十分に気をつけてください。
いかがでしたでしょうか?
帰化申請では、住民票の内容1つにしても様々な審査が行われております。
普段見慣れない書類を扱うのは非常に不安ではありませんか?
当事務所は、そういった難しい書類を扱う専門家です。
あなたの不安を解消するためのサポートプランをご用意しております。
ぜひ一度、ご相談ください。

アクセスMAP

当事務所は、神保町駅から徒歩約2分、九段下駅から徒歩3分になりますので、公共交通機関でお越しいただくと便利です。

なお、事務所の駐車場は完備しておりませんが、近隣にはコインパーキングが幾つかございます。
お車でお越しいただく際は、コインパーキングをご利用ください。

>>事務所概要はこちらをクリック

無料相談予約受付中

●受付時間 平日10:00~20:00(土日祝日、時間外のご相談は事前予約が必要です。)
●お申し込み方法  
お問い合わせフォームからのお申込み(24時間受付)
②お電話からのお申込み TEL03‐6657‐8774(受付時間 平日10:00~20:00)
●相談時間 60分まで
●場所    行政書士アエラス法務事務所
●持ち物  パスポート
●対応言語 日本語のみ
●参加資格 帰化申請予定の方(国籍は問いません)
●無料相談できる内容
①当事務所のサービス内容・料金について
②帰化申請手続きの流れについて
③帰化許可の可能性の診断
※既に申請済みの方のご相談は有料です。(30分5000円)

Return Top